HOME>オススメ情報>独自システムを確立して展開している専門業者なら引き取ってくれるので依頼しよう
工事現場

買取可能なのは専門業者だからこそ

長い間港に放置している船をお持ちの場合は、船を専門に扱う買取業者に相談してみましょう。廃船として処分するにはお金がかかるものですが、場合によっては買取可能なことがあります。200から250馬力以上の使用可能なエンジンを持つ廃船を対象とし、一定の額で引き取っている専門業者が存在しています。こういった業者は、引き取った廃船を解体し、再利用できる部品や素材を集めて販売しています。エンジンや金属の販売ルートをしっかりと確保しているため、廃船であっても価値があれば一定の額で引き取ってくれます。また、専門業者は湾内近辺に自社を設け、解体も独自で行っており、曳航から陸揚げ、解体に至るまでの低コスト化を実現しています。こういった仕組みの中で廃船買取は行われているので、乗らなくなった船をお持ちなら相談してみると良いでしょう。

準備を整えて連絡しよう

廃船買取を希望の場合も、きちんとした売買契約を結ぶ必要があるため、船舶に関する各種書類や印鑑証明書、実印などが求められます。船舶検査証書や船舶検査手帳、委任状などは必要書類となるので準備しておきましょう。買取を進める際には、まず見積もり査定を依頼して現地まで業者に来てもらうことになります。それぞれの業者でホームページを持っているため、そこで連絡先を調べて依頼するのが確実です。電話連絡ほか、メール申し込みに対応する業者も多くなっています。手持ちの船が廃船買取の対象になるかどうかわからない場合は、まずメールで問い合わせてみるのも良いでしょう。現地での出張見積もりは各業者無料で行ってくれるため、万一契約が成立しなかった場合でもお金がかかることはありません。廃船買取を可能としている業者は複数あるので、各所のホームページで確認することをおすすめします。

広告募集中